houko.com 

放送法及び電波法の一部を改正する法律

  平成2・6・27・法律 54号  
(放送法の一部改正)
第1条 放送法(昭和25年法律第132号)の一部を次のように改正する。
第2条第3号の2中
「放送局」の下に「(受信障害対策中継放送(同法第5条第5項に規定する受信障害対策中継放送をいう。以下同じ。)を行うものを除く。)」を加える。

第3条の2第4項中
「及びテレビジョン多重放送」を「及びテレビジョン音声多重放送」に、
「行う多重放送」を「音声その他の音響を送る放送」に改め、
「以下同じ。)」の下に「又はテレビジョン文字多重放送(テレビジョン放送の電波に重畳して文字、図形又は信号を送る放送をいう。以下同じ。)」を加え、
「、テレビジョン多重放送」を「、テレビジョン音声多重放送又はテレビジョン文字多重放送」に改める。

第9条第1項第1号中
「(音声その他の音響を送るテレビジョン多重放送をいう。)」及び「(文字、図形又は信号を送るテレビジョン多重放送をいう。)」を削る。

第51条第3項中
「をいう」の下に「。以下同じ」を加える。

第53条の9の次に次の1条を加える。
(受信障害対策中継放送等)
第53条の9の2 電波法の規定により受信障害対策中継放送をする無線局の免許を受けた者が行う放送は、これを当該無線局の免許を受けた者が受信した放送を行う放送事業者の放送とみなして、第4条第1項、第6条、第32条第1項、第51条の2、第52条の4第1項及び第52条の5の規定を適用し、受信障害対策中継放送をする無線局の放送区域は、これを当該無線局の免許を受けた者が受信した放送を行う放送事業者の放送局の放送区域とみなして、第51条第3項の規定を適用する。
(電波法の一部改正)
第2条 電波法(昭和25年法律第131号)の一部を次のように改正する。
第5条第4項中
「人工衛星の」を「受信障害対策中継放送をするもの及び人工衛星の」に改め、
同条に次の1項を加える。
 前項に規定する受信障害対策中継放送とは、相当範囲にわたる受信の障害が発生しているテレビジョン放送(放送法第2条第2号の5のテレビジョン放送をいう。以下同じ。)及び当該テレビジョン放送の電波に重畳して行う多重放送(同条第2号の6の多重放送をいう。以下同じ。)を受信し、そのすべての放送番組に変更を加えないで当該受信の障害が発生している区域において受信されることを目的として同時にこれを再送信する放送のうち、当該障害に係るテレビジョン放送又は当該テレビジョン放送の電波に重畳して行う多重放送をする無線局の免許を受けた者が行うもの以外のものをいう。

第13条の2中
「(同条第2号の5のテレビジョン放送をいう。)」及び「(同条第2号の6の多重放送をいう。)」を削る。
附 則
(施行期日)
 この法律は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
平成2年10月1日(平2政261)
(有線テレビジョン放送法の一部改正)
 有線テレビジョン放送法(昭和47年法律第114号)の一部を次のように改正する。
第13条第1項中
「放送法第3条の2第4項に規定するテレビジョン多重放送」を「テレビジョン放送の電波に重畳して、音声その他の音響、文字、図形その他の影像又は信号を送る放送」に改め、
同条第2項中
「行わせるもの」の下に「及び電波法(昭和25年法律第131号)第5条第5項に規定する受信障害対策中継放送をする無線局の免許を受けた者が受信して再送信するもの」を加える。

第28条中
「(昭和25年法律第131号)」を削る。