houko.com 

自然環境保全法等の一部を改正する法律

  平成2・6・5・法律 26号  
(自然環境保全法の一部改正)
第1条 自然環境保全法(昭和47年法律第85号)の一部を次のように改正する。
第17条第1項ただし書中
「行なう」を「行う」に改め、
同項第7号中
「植物」の下に「を採取し、若しくは損傷し、」を加え、
同項第9号中
「捕獲し」の下に「、若しくは殺傷し」を加え、
「採取する」を「採取し、若しくは損傷する」に改める。

第25条第4項ただし書中
「行なう」を「行う」に改め、
同項に次の1号を加える。
四 道路、広場、田、畑、牧場及び宅地以外の地域のうち環境庁長官が指定する区域内において車馬若しくは動力船を使用し、又は航空機を着陸させること。

第26条第3項中
「捕獲し」の下に「、若しくは殺傷し」を加え、
「採取しては」を「採取し、若しくは損傷しては」に改め、
同項第1号、第2号、第4号及び第5号中
「行なう」を「行う」に改める。

第27条第3項ただし書中
「行なう」を「行う」に改め、
同項第5号中
「採捕する」を「捕獲し、若しくは殺傷し、又は採取し、若しくは損傷する」に改める。

第53条中
「20万円」を「50万円」に改める。

第54条中
「10万円」を「30万円」に改め、
同条第1号中
「附せられた」を「付せられた」に改める。

第55条中
「10万円」を「30万円」に改める。

第56条中
「5万円」を「20万円」に改める。
(自然公園法の一部改正)
第2条 自然公園法(昭和32年法律第161号)の一部を次のように改正する。
第17条第3項第8号中
「採取する」を「採取し、又は損傷する」に改め、
同項第9号中
「へい」を「塀」に改め、
同項に次の1号を加える。
十 道路、広場、田、畑、牧場及び宅地以外の地域のうち環境庁長官が指定する区域内において車馬若しくは動力船を使用し、又は航空機を着陸させること。

第18条第3項第1号中
「前条第3項各号」を「前条第3項第1号から第7号まで及び第9号」に改め、
同項第2号を同項第2号の2とし、
同項第1号の次に次の1号を加える。
二 木竹を損傷すること。

第18条第3項第5号中
「火入」を「火入れ」に改め、
同項第6号中
「植物」を「木竹以外の植物を採取し、若しくは損傷し、」に改め、
同項第7号中
「捕獲し」の下に「、若しくは殺傷し」を加え、
「採取する」を「採取し、若しくは損傷する」に改め、
同項第8号中
「地域内へ車馬を入れる」を「地域内において車馬若しくは動力船を使用し、又は航空機を着陸させる」に改める。

第18条の2第3項ただし書中
「行なう」を「行う」に改め、
同項第2号中
「採捕する」を「捕獲し、若しくは殺傷し、又は採取し、若しくは損傷する」に改める。

第49条中
「20万円」を「50万円」に改める。

第50条中
「10万円」を「30万円」に改め、
同条第2号中
「附せられた」を「付せられた」に改める。

第51条中
「10万円」を「30万円」に改める。

第52条中
「5万円」を「20万円」に改める。
(鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律の一部改正)
第3条 鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律(大正7年法律第32号)の一部を次のように改正する。
第1条ノ4第1項中
「之ヲ捕獲スル」を「其ノ捕獲(殺傷ヲ含ム以下同ジ)ヲ為ス」に改める。

第2条中
「之ヲ」を「其ノ」に、
「採取スル」を「採取(損傷ヲ含ム以下同ジ)ヲ為ス」に改める。

第3条中
「之ヲ」を「其ノ」に、
「捕獲スル」を「捕獲ヲ為ス」に改める。

第8条ノ3第7項中
「狩猟鳥獣ヲ捕獲スル」を「狩猟鳥獣ノ捕獲ヲ為ス」に改める。

第11条第1項中
「鳥獣ヲ捕獲スル」を「鳥獣ノ捕獲ヲ為ス」に改める。

第12条第1項中
「鳥獣ヲ捕獲シ又ハ鳥類ノ卵ヲ採取スル」を「鳥獣ノ捕獲又ハ鳥類ノ卵ノ採取ヲ為ス」に改める。

第13条中
「捕獲シタル」を「捕獲ヲ為シタル」に改める。

第14条第3項中
「狩猟鳥獣ヲ捕獲スル」を「狩猟鳥獣ノ捕獲ヲ為ス」に改める。

第15条中
「鳥獣ヲ捕獲スル」を「鳥獣ノ捕獲ヲ為ス」に改める。

第19条中
「鳥獣ヲ捕獲シ、又ハ鳥類ノ卵ヲ採取セントスル」を「鳥獣ノ捕獲又ハ鳥類ノ卵ノ採取ヲ為サントスル」に改める。

第20条中
「捕獲シタル」を「捕獲ヲ為シタル」に、
「採取シタル」を「採取ヲ為シタル」に改める。

第20条ノ2第1項中
「捕獲シ、又ハ採取シタル」を「捕獲又ハ採取ヲ為シタル」に、
「採取セル」を「採取ヲ為セル」に改める。

第21条第1項中
「30万円」を「50万円」に改め、
同項第1号中
「第3条」を「第1条ノ4第1項、第2条、第3条」に改める。

第22条中
「20万円」を「30万円」に改め、
同条第1号中
「第1条ノ4第1項、第2条、」を削る。

第22条ノ2中
「20万円」を「30万円」に改める。

第23条中
「10万円」を「20万円」に改める。
附 則
(施行期日)
第1条 この法律は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。
平成2年12月1日(平2政294)
(火薬類取締法の一部改正)
第2条 火薬類取締法(昭和25年法律第149号)の一部を次のように改正する。
第17条第1項第3号中
「鳥獣を捕獲すること」を「鳥獣の捕獲をすること」に、
「鳥獣を捕獲する目的」を「鳥獣の捕獲(殺傷を含む。)をする目的」に改める。
(銃砲刀剣類所持等取締法の一部改正)
第3条 銃砲刀剣類所持等取締法(昭和33年法律第6号)の一部を次のように改正する。
第5条の2第4項第1号中
「、ライフル銃による獣類の捕獲」の下に「(殺傷を含む。以下同じ。)」を加える。