houko.com 

凡 例


原文との
相違点
その1 項番号見出し等
その2 数字目次1目次2改行数式 字体
省 略 附則様式 ルビ・傍点
索  引 50音順、公布年順等
欄外表示 改正令則改正法令の旧
その他 改正履歴背景色ファイル法令名リンク
原文との相違点・その1
1.項、号の表記
・項については、ボールド数字で、「第○条」と同じ段落に、
・号については、本文と同じ段落で表記した。
・古い法令で項番号のないものについても、番号を付した。
2.見出し
・古い法令で「第○条(見出し) 本文」となっているものは、現行と同様の「(見出し)第○条 本文」という形とした。
原文との相違点・その2
1.数字
・数字の表記については、原則として、すべて算用数字とした。
・2桁以上については、半角数字、1桁のものは全角数字とした。
・「二万円」、「三千万円」など、端数のないものについては、それぞれ「2万円」「3千万円」とした。
・「二万三千円」など、漢字が2つ以上あるもの、端数のあるものについては「23,000円」のように表記した。
・ただし、表などで「三十万円」と「二十八万五千円」などが並列になっている場合は、「300,000円」「285,000円」とした。
・「各号の一に」など、数字と考えられないもの、「一人当たり」などの慣用句は、そのまま漢数字とした。
2.目次(本文中)
・本来の目次の有無にかかわらず、「編・章・節」等のあるものについては、全て目次を付けた。
・目次は、編のあるものは編のみを、編のないものについては章のみを冒頭に掲げた。
・章、節、款、目の目次については、各一段上の冒頭に掲載した。(節は当該の章の冒頭に、款は当該の節の冒頭に掲載した)
3.目次(左上枠)
・原則として4条程度以上の法令については、左上枠に出る目次を作成した。
4.改行
・改正を内容とする条文については、改行とインデントを多用した。
・本来の改行は1行空き、上記の改行は空きなしの改行とした。
5.表
表の罫線については、下記、第1表のような形のものも、第2表のように、表内罫線を入れた。(ブラウザの表示幅により、形が崩れる虞があるため。同形式とするためにはタグが煩雑になるため)
第1表
1.○○
2.□□
□□
△△

第2表
1.○○  ○○
2.□□  △△

6.数式
・分数等については、<table>タグを利用して、再現したものもあるが、表示幅が狭いと崩れる。
・ルートについては、x−yの全体にかかるものであっても、頭につけただけにしてある。(一応(x−y)と括弧をつけてあるが)
・その他複雑な数式もり、原文に忠実には再現できていない。
・利用にあたっては、原文を参照されたい。
7.異体字・旧字体
・葛、蔽、辻、塚、那、槌、祁、曾、騨、捗、填などの文字については、左記とは異なる字体が使われている場合も、左記の字体を用いた。
・燈→灯など。
・沖繩は沖縄。
原文との相違点・省 略
・昭和40年までに公布された法令については、原則として、省略した。(今後付加する予定)
・昭和41年以降の法令については、全文掲載した。
・施行規則、省令などに付されている「様式」については、再現できない場合が多いため、省略した。
・ルビ、傍点などについては、略した。
・ただし、改正法令でルビを加除する場合などは「(ルビ削除)」などと表記した。
索 引
・各索引の凡例は、各項目に掲載した。
・「○○法を改正する法律」など(以下「改正法令」という)については、公布年順、新規掲載のみ掲載(昭和41年以降の法律、政令、省令)。
・名称が「○○改正する法律」でないものであっても、内容が改正のみのものについては「改正法令」として扱った。
・各索引で、薄い文字のものは未入力の法令。
2.題名末尾の表記について
・「(廃)」は、廃止された旧法令であることを示す。
・「(旧)」は、全部改正された旧法令であることを示す。
・「(失)」は、失効した旧法令であることを示す。
・「(未)」は入力していない、未入力であることを示す。
・「(略)」は、内容を略して掲載したものを示す。(内容が様式のみである場合、かなり大きな表であるため略してしまった場合、など。)
・ (未)(略)でリンクしているものについては、改正履歴だけ掲載したファイルにリンクしている。
欄外表示
・改正関係の表示は以下のとおり。
《全改》条・項の全文改正。
《改正》一部改正。
《削除》条・項の削除。
《追加》条・項の追加。
・施行令、施行規則等の表示は以下のとおり。
【令】施行令
【則】施行規則
【省令】省令
【告】告示
【○○】施行令・施行規則以外は、名称を記載
・改正法令の中で、削除又は全文改正されたものがある場合、欄外に旧のものを掲載した。(ただし、旧を既に掲載していた場合に限る。)
その他
・昭和41年以降については、改正法令公布年月日・号数を示すとともに、当該法令にリンクした。
・末尾の「−−」は、改正内容をおりこみ済、「(未)」は改正内容をまだおりこんでいないことを示す。
・改正施行日が複数ある場合で、一部未施行の場合は、
「(未)(平24年4月1日(済)、平25年4月1日(未))」
などと表記した。
この場合、平成24年4月1日施行分は改正おりこみ済、平成25年4月1日施行分はまだおりこんでいないことをしめす。
・末尾の「==」は、当該改正の織り込み前の法令へのリンク。平成17年1月1日の改正作業以降作成。比較的大きな改正があった場合のみ、改正前の条文を残すようにした。
・法律は「白」、政令は「薄紫」、省令は「桃色」、告示等は「薄緑」に色分けした。
・最高裁・人事院等の規則、公安委員会・公正取引委員会等の規則は、「黄色」とした。(最高裁は別色にする予定)
(注:色に意味はない)
通常は、黒色で表記。
赤色……廃止された法令、全文改正された旧法令。失効した法令。
黄色……未入力の法令。
・原則として、一つの法令は一つのファイルとした。
・条文中に出てくる「第○条」「○○法第○条」などの表記については、できるだけリンクを貼った。いずれも、下のフレームに表示されるようにした。
・ただし、「○○法第○条」のリンクについては、未入力の法令にもリンクを貼ってあるので、出ないこともある。ご了承願いたい。
・改正法令については、改正対象へのリンクとなるため、原則としてリンクを貼っていない。

houko.com